小技ブログ

緻密さが違う。
パナソニックが1棟ごとに行う『構造計算』

テクノストラクチャーの構造計算は法律で定められている水準を大きく上回る緻密さです。


実は2階建て木造住宅では義務付けられていない「構造計算」

安心できる強い家を建てるためには大切な構造計算ですが、一般的にはあまり知られていません。
「家を建てることを考えはじめてから構造計算という言葉を知った」という方も多いのかもしれません。
実はこの構造計算、建築基準法では一般的な2階建て木造住宅には義務付けられいないため、もっと簡易な「壁量計算」という方法で建物の強度を確認している場合もあります。


テクノストラクチャーでは、すべての建物について「構造計算」で科学的に強さを確認

法律では義務付けられていない「構造計算」ですが、テクノストラクチャーの家では、1棟1棟の間取りに対して必ず「構造計算」を行っています。
これは、間取りや条件が1棟1棟違う住宅の確かな安心のためには、建物の強さを科学的に確認する必要性があると考えてのこと。
強度が高い部材を使うだけでなく、その部材の組み立て方も重要。
だからこそ、テクノストラクチャーでは大工さんや建築士の勘に頼るのではなく、強さを科学的に確認する「緻密な構造計算」を行っています。


388項目に及ぶチェック項目で緻密な「構造計算」を実施。

ひとくちに「構造計算」と言っても内容は様々です。
一般的に行われている構造計算が200項目程度なのに対し、テクノストラクチャーの構造計算は388項目(多雪区域は440項目)をチェックします。
厳しい自社基準を設定し安全性を追求しています。


「台風」「豪雪」「重い家具」・・・様々な要因を加味して建物の強度を確認

構造計算とは、地震・台風・豪雪など家にどのような力が加わるかを計算し、その力に住まいが耐えられるかどうかを検証するもの。
いわば「住まいの災害シミュレーション」のようなものです。


「構造計算」の保証書をパナソニックが発行

1棟ごとに行った構造計算の結果は、「構造計算書」と「構造計算保証書」としてパナソニックが発行しています。
これは、構造計算結果と構造計算方法についてパナソニックが保証することを表す書類です。