小技ブログ

自由な設計を叶える
充実の部材ラインナップ

テクノストラクチャーは設計自由度を高める部材が充実。
木造住宅に、もっと自由と可能性を与える部材です。

狭小地でも大開口を実現する「Mフレーム」

高強度の門型フレーム「Mフレーム」を活用すれば、大きな開口を実現できます。この「Mフレーム」は国土交通大臣により構造強度の認定を受けている部材で、高強度を生かして1階をゆとりのあるビルトインガレージにするプランや、2階・3階に大きな窓を取るプランも可能に。
鉄骨造や鉄筋コンクリート造で同様の構造を実現するのと比べコストが抑えやすいというメリットも。
もちろん緻密な構造計算を行い、災害シミュレーションを行うので安心して大きな開口を取り入れられます。


居住空間を広げる「オーバーハング」

2階、3階部分を1階よりも張り出させるオーバーハング。1階に庭や駐車スペースを確保しながら、2階、3階の居住区間を広げることが可能です。
木と鉄の複合梁「テクノビーム」の強さを生かし、一般木造では難しい大きな張り出しを下から支える柱なしで実現します。
強い部材を使うだけでなく、強度に問題がないかは構造計算によって徹底的に確認します。


変形敷地でも柔軟な対応が可能「斜め壁」

一般的には四角い建物を建てるのが構造的には強いといわれますが、土地の形は様々で四角い土地ばかりではありません。
隅切りのある角地や変形敷地に四角い建物を建てようとすると土地にデッドスペースができてしまいます。
テクノストラクチャーの独自部材を使った「斜め壁」を採用すれば、強度を保ちながら土地を最大限に有効活用できます。


大胆な空間構成の「スキップフロア」収納や趣味のスペースのある家にも​

壁ではなく段差によって空間をゆるやかに仕切るスキップフロア。
のびやかな空間が家族をよい距離感でつなぎます。
テクノストラクチャーの強さを生かせば、この斜めに広がっていく大胆な空間構成と建物の強さの両立が可能に。
空間を上手に調整することで、収納スペースを捻出したり、趣味スペースを作ったり、暮らし方の楽しみが広がります。


バルコニーとリビングを一体化する「フラットバルコニー」

たっぷりと日の光を取り入れることができ、防犯性にも優れた2階リビング。
そのリビングとバルコニーをつなげれば室内と外が一体化したリビングが出来上がります。
テクノストラクチャーでは専用の部材を使うことで、室内とバルコニーの境目の段差を解消できます。
つまずく危険が軽減でき、洗濯物を干す際の動線も楽になります。


プランの自由度がアップする「幅狭耐力壁」

一般的な木造住宅では構造を支える耐力壁は600㎜※1※2​以上の幅が必要ですが、テクノストラクチャーの幅狭耐力壁は幅300㎜・450㎜※1※3​なので、幅600㎜に満たない壁も耐力壁とすることができます。
奥行きの浅いクローゼット部分で耐力をとることでキッチン前の壁が不要になるなど、狭小間口でも耐震性を確保しながら大空間を実現。室内が広々した空間に感じられます。
※1:壁芯間の寸法です。
※2:面材耐力壁の場合。
※3:3階は300mmまたは450mm、上階は450mmとなります。